小児科看護師転職

小児科を転職をしたい看護師は多いんです!

小児科は女性看護師にとても人気の高い診療科です。だからこそ、小児科の求人を探す看護師も多いのですが、残念なことにそう簡単に転職はできないのが現状です。看護師不足と言われる昨今ですが、小児科医と小児科も数が少なくなっているのです。

 

小児科の数が少ないということは、そこで働く看護師の数も少なく、求人も少なくなります。実際に、小児科看護師の求人情報は募集期間が短く、転職サイトなどでは非公開求人になっていることがほとんどです。転職をしたい看護師がいても、小児科という職場がなければ、看護師需要は当然ですが減ります。

 

看護師の中でも、小児科未経験という場合はさらに転職が難しくなるでしょう。小児科に限らず、あらゆる診療科・病院といった職場では、看護師としての経験の多さを求める傾向にあります。少ない小児科では現在、少数精鋭という形で人材を確保しているわけですから、わざわざ未経験の新人を採用する可能性は低いのです。

 

小児科は、看護師が働きたいと思う魅力の溢れる職場です。子どもを相手にするために、清潔感や楽しさの溢れた空間で仕事ができます。それだけに、小児科が少ない現在は少ない求人情報をどう見つけるかが鍵になります。

小児科を転職をしたい看護師は多いんです!関連ページ

看護師の転職を考えよう!
看護師の転職を考えるのはどのような時なのか?看護師の転職を考えるときに重要になるポイントを解説します!