車両新価保険特約

車両新価保険特約

車両新価保険特約というのは、自動車保険の中の特約で、新車購入後、一定期間内の車両事故で全損もしくは新車価格の50パーセント以上の損害を受けた際、代替車両の購入代金を新車価格を限度として補償するという新車特約になります。

 

この特約は任意のオプションで、新車か高年式の中古車を対象に限定された特約になります。この特約は、『元の車両保険とは別の保険金額を設定した新しい保険で、全損となり、買い換える場合、新車を再取得できるのが大きなメリット』です。

 

一般の車両保険の場合、修理代が契約保険金額を超えない限り、全損扱いにはならず、保険金額が全額支払われることはありません。その点、車両新価保険特約であれば、損害額が契約金額の50%以上になれば、全損扱いになります。但し、事故をおこしてから一定期間内に新車での代替車両を取得しなければならないという条件があります。

 

もし、代替取得した車が特約の保険金額を下回る時は、下回る金額が補償されることになります。注意すべきなのは、損害の内容には条件があることで、車の主要構造部分に損傷を受けなければ、保険金は支払われません。