自動車保険の免責金額による保険料の違い

自動車保険の免責金額による保険料の違い

自動車での保険において自賠責だけでは不安も多く任意の自動車保険に入っている方も少なくないと思いますがこの自動車保険は免責金額によって保険料に違いがでるのはご存知でしょうか。

 

免責金額とは自動車保険での補償を受けるにあたって契約者が自己負担額として支払うべき金額のことですがこれは事故が起こるごとに免責金額を支払わなければならないという意味ではありません。

 

もし事故が起こった場合に相手がいてその相手が加入している保険会社から対物保険金による修理金額が回収できるとすると免責金額はその対物保険金から支払われることになりまたその対物保険金が免責金額未満であるならばその差額は契約者が支払うことになります。

 

この免責金額を高く設定するつまりは事故によって契約者の自動車が破損した場合の修理金額を自分で支払う料金が高ければ高いほどそれに反比例して保険会社に支払うべき保険料は安くなるわけですが、『事故により保険を使えば等級が下がることになり保険料が次から高くなってしまいます。』

 

ですので事故による修理金額が免責金額以下といった自分で賄える範囲のものであれば保険を使用せず自己負担することで現在の保険料を維持できることになります!

自動車保険の免責金額による保険料の違い関連ページ

車両新価保険特約
車両新価保険特約とは新車の契約をするときに入ると事故に入った時に非常に有利になる便利な保険なのでしっかりと検討しましょう!
車の買い替えで保険はどうなるの?