自動車保険の意義

何のために保険をつけるか

自動車保険に限らず、保険をつけるというのは万が一の時のための備えをつけることです。

 

ただし、不安なことばかりが先に立って保険をいくつもつけるようでは、保険料の負担が大きくなるばかりで、自分の生活を締め付けることになりかねません。保険をつける時には、自分に必要な補償はどんなもので、自分の今いる環境がどういったもしもの可能性があるか?といったことを見極めるのがとても大切です。

 

自分にはどんな補償が必要であるのかということは、人それぞれ違います。たとえば自動車保険は、自動車で事故を起こしてしまった時に必要となるお金が大きくなりがちです。その大きなお金に対しての補償であったり、人を巻き込んでしまった時の補償を目的としています。

 

どんなに気を付けて運転していても、1トンにもなる鉄の塊を動かしているわけですので、絶対安心ということはありません。相手が人となれば、相手はもちろん自分の家族にも色々な面で負担が生じます。保険はそういった万が一に対する備えです。

 

安全運転が第一ですが、自分が凶器にもなるようなものを扱っている自覚として、保険をつけるのは必要なことだと思います。

自動車保険の意義記事一覧

車両新価保険特約

車両新価保険特約というのは、自動車保険の中の特約で、新車購入後、一定期間内の車両事故で全損もしくは新車価格の50パーセント以上の損害を受けた際、代替車両の購入代金を新車価格を限度として補償するという新車特約になります。この特約は任意のオプションで、新車か高年式の中古車を対象に限定された特約になります...

≫続きを読む

 

自動車保険の免責金額による保険料の違い

自動車での保険において自賠責だけでは不安も多く任意の自動車保険に入っている方も少なくないと思いますがこの自動車保険は免責金額によって保険料に違いがでるのはご存知でしょうか。免責金額とは自動車保険での補償を受けるにあたって契約者が自己負担額として支払うべき金額のことですがこれは事故が起こるごとに免責金...

≫続きを読む

 

車の買い替えで保険はどうなるの?

もともと登録していた車と別の車に買い替えをした場合、自動車保険も内容変更の手続きが必要です。なぜなら、新しく乗り換えた車では現時点で自動車保険に加入していないことになるからです。要するに、もしも内容変更しないで事故を起こした場合は保険が下りない可能性が高いのです。車を買い替えた場合はすみやかに自動車...

≫続きを読む