車買取と下取りの違い

車買取と下取りの違いとは?

車買取と下取りの違いに関する画像

車買取りと下取りの違いを把握すれば、
損なく中古車を活用することができます。

 

まず買取りとは、車を売って現金に換えることです。
車買取専門店などで中古車査定をしてもらい、買取ってもらいます。

 

資金となるので、新車の頭金やそれ以外にも利用の幅があります。

 

買取に対して下取りは、車を売った金額をその販売店での新車購入資金に充てることです。
下取りとはつまり、中古車を売ることと新車を買うことがイコールで繋がっている状態とも言えます。

 

下取りは買取りと違い、正規ディーラーにて行います。車を下取りするのは、
新車購入価格の割引になる、と考えていれば間違いないです。

 

買取りと下取りのあり方の違いは以上ですが、重要な違いはその金額です!

 

車の買取り金額とと下取り金額にも違いは当然あります。
買取専門店は、中古車オークションやネットワークなどで中古車の相場情報に詳しいです。

 

逆に、正規ディーラーでは中古車オークションなどの情報に重きを置いていないようです。
車の人気などが関係すると高価買取が可能な買取と、車の人気などにあまり変動されない下取りではそこで差が生じます。

 

社外品パーツでも高価買取の可能性が高くなる買取の方が、中古車を売る時に有利な場合が多いです!

車買取と下取りの違いとは?関連ページ

車買取と下取りどっちが高く売れる?
車買取と下取りどっちが高く売ることができるのでしょうか?これをしっかりとわかっていれば車をすこしでも高く売れます。
車の一括査定の流れ!
車の一括査定の流れがわかっていれば車の一括査定は怖くありませんね。その疑問に対してしっかりと答えています。
型式によって査定額が変わるのはなぜですか?
車の査定で型式で査定額が大きく変わってしまうのはなぜでしょうか?車を売るときに注意したい型式のルールとは?
車検切れの車を買取してもらえますか?
車検切れの車買取をしてもらうことは可能なのでしょうか?車の買取をするときにはそのあたりはしっかりとわかっておくのが重要でしょう。